子育て妖怪ファイル#5 食欲おばけ

空気を吸っても太るんじゃないかと思える妊娠後期。

「体重、もう1gも増えなくて大丈夫だから。今日から、炭水化物と果物、お菓子も食べなくていいから。」

とさらっと助産師さんに言われて衝撃が走った妊娠9か月のあの日。

臨月に入って、なぜか異様に舌が肥えて、美味しいものに目がなくなって、普段好きではない甘いものまで欲して、「産んだら食べるものリスト」「産む前にどうしても食べるものリスト」なんかを作っていたっけ。

「生まれたらなんでも食べていい。」を検診のたびに言われ、楽しみにしていたのに、産むや否や、質より量!あと、全然ゆっくりごはん食べれない!!

味わうことなく、赤ちゃんが泣き止んだ一瞬で塙3兄弟よろしくご飯かっこみ、家事と育児の合間にポテチ一袋丸飲みする日々です。

こなつが生まれてから離乳食が始まるまで、毎日、朝昼3杯、夜4杯の白米を食べていました。

授乳ってこんなにもお腹がすくのか…。どんなに食べても、食べても食べても、満腹にならない。ギャル曽根って、こんな気持ちかなあ。

ていうか体重!!こんなにも、ギャル曽根の気持ちにしっかりと寄り添っているのに、体が全然ギャル曽根じゃなくて!!こなつ妊娠前から、4キロ増で固定されたけども?!

という話をすると、だいたい周りのママさんたちが、「私は5キロ減ってない!」「まだええやん私は6キロ!」「私は3キロやけど腹の肉が!」といいます。

授乳したら体重減るって言った人手あげて?!産んだら数か月で自然に元の体重に戻りますって書いてる冊子訂正して!!

—-

<産後の体重変化について>

授乳はとーってもお腹が減ります。けれど我慢して妊娠前と同じ食生活をしていたらまあ戻るでしょう。ただし、年齢を重ねているので当然その分代謝は悪くなります。その辺は考慮してやっていただかないと、食べたら食べるだけそりゃまあ体重は増えますわな。あと、育児はしんどいですが運動とは違うので、意外とカロリーは消費されてませんから、その辺よろしくです。あとついでに言っておくと、腹回りの肉が、びっくり、つきやすくなっています。

—-

くらいの説明でやっと納得できる。全部の文の後に(笑)があってちょうどぐらい。

「母乳は赤ちゃんにとって最良の栄養です」って、粉ミルクにも液体ミルクのパッケージにもわざわざ書かれているけど(母乳がない状況の人が使うのに、そんなこと書く必要ある?!)、本当かなあ…。こんな暴飲暴食で作られた母乳が、研究に研究を重ねられた、栄養バランスのいいミルクにかなうって、信じがたいのは私だけでしょうか…

ひまりが生まれてから約2か月間、恐ろしいことに一食で3合のご飯があいていました。30代の大人二人と3歳児一人で3合…さ、3合…。米の減るのの早いこと、早いこと。炊いても炊いても。

そしてある日気が付きました。

ちょっと待って、3合?私が1.5合食べてるとして、こなつが6~70gとして…

夫、私につられて食べすぎてない?

・・・・・もしかして母乳出てる?

妻の産後、なぜか一緒に食欲おばけにとりつかれた夫です。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク