夜間断乳

11か月のこなつ。

相変わらず寝つきがよくなくて、夜中も1~2時間おきにお乳を求めて起きるので、どうにか良い睡眠をとってもらいたくて、夜間断乳を始めました。

夜間断乳をすれば朝まで眠るようになると聞いたので…

断乳時につきものの「通報レベルで泣く」なんてことはなくて、初日から割と、あっさりおんぶで寝てくれました。初日のおんぶ時間は寝かしつけに1時間、夜中に1時間×2回で、徐々に時間や回数が減っていった感じです。

噂の、「朝までしっかり寝るようになる」とまではいきませんでしたが、2週間ほどかけて、無事、おっぱいなしで絵本&とんとんで寝付けるようになり、深く寝付くまでは何度かぐずりはするもののすぐに泣き止み、その後明け方4~5時ごろまでは寝てくれるようになりました。

明け方起きればその時はお乳を咥えるので、夜間断乳完全成功とまではいきませんでしたが、寝かしつけに1~2時間かかり、夜中もすぐに起きることから比べると、確実に睡眠の質は上がった気がします。

もっともっと泣いてお乳を求めるかと思ったのに、彼女にとって重要なのは、お乳ではなく私だったようです。

少し張るお乳と、背中の温いこなつ。

夜中に一人しんみりとして、涙が出そうになりました。

夜間断乳をきっかけに、夫しょうがでも寝かしつけができるようになってほしかったのですが、協力的ではあるものの、こなつを寝かしつけるためにトントンなどしようものならどうしても自分が先に寝てしまうらしく…夜中も泣き声に気が付かないらしく…こなつは「この人は寝かせてくれない!!」と分かるのか私でないと泣きやまず…

結局余計私への執着が強まったような…

ちなみに明け方こなつが起きるのは「空腹」や「のどの渇き」らしく、のどをごくごくならしながらおっぱいを飲んでいます。早朝の薄暗く静かな部屋に響き渡る「ゴキュゴキュ」という音。

夜間断乳を始めたら少しは痩せるかと思ったのに、明け方の1回で今まで夜中に咥えてた分取り戻しているような…

卒乳はまだ先のこなつです。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク