寝顔は天使9

最近、こなつの寝顔がこれ以上近くなれないほど近いです。

近いというか、そばです。くっついています。

毎日、顔や体のどこかしらが、こなつの鼻息で冷たくなります。

夜中に腕がしびれて目が覚めます。

そっと腕を抜き、こなつを遠くへ置きなおしても、気が付けばまた、どこかしらがじんじんしています。

狭い…可愛いけど…狭い

こなつが生まれるまで、「子供が生まれたとたん別室で眠る夫なんて、なんて育児に非協力的な夫なんだろう、しょうがには同室で寝てもらって、夫婦で協力し合って夜中の育児を一緒に乗り越えよう」などと思っていましたが、浅はかでした。見当はずれにもほどがありました。ほんと浅はか。子供が生まれて夫婦が別室で寝るのは、何も夫のためだけではありませんでした。てっきりみんな、子供がうるさいから、夫は仕事があるから、別に寝てるんだと思っていました。

まさか私から、「頼む、頼むから、別室で寝てください、ほんと、お願いします、平日だけでも…いやまじで…まじです。」と懇願する日がこようとは…。

あくまでうちの例ですが、

まず、夫のいびきや歯ぎしり、寝言、寝返り、アラーム音などでこなつの眠りが妨げられる。

次に、狭い。しかも圧倒的に私だけが。

そして、どうせこなつが泣いても夫は起きないし、起きても泣きやませられない。

全部仕方のないことだと思います。夜中にこなつが泣いて世話をするのが、別に苦痛なわけではないし、私じゃないとだめなのもとてもかわいいんです。

でも、こなつは眠りが浅いし寝つきもよくないので、朝までぐずらずに寝てくれることが、どんなにとうといことか…。それが別室で寝るだけで叶うなら、そんな簡単な話はありません。なにもできなくていいから、せめて、こなつ(しいては私)の眠りを妨げないで…!!!それだけなのです。

しかし、これがなかなか伝わらない。

どんなに懇願しても、2~3日後、普通に夫のいびきが真横から聞こえてきます。

なんなのだ?!さみしいのか?!さみしがりやなのか?!?!

そんなに一人で寝たくないのか?!なんで???!

…夫の帰りが遅い日が続くと、その間こなつに全く会えないので、せめて夜くらい同じ空間にいたいようです。その気持ちも分かるんだけども…。

私の肩や腰が限界をむかえるまえに、3人で一緒に快適に眠れる方法を考えようと思います。

スポンサーリンク