生粋のビビリ

ビビリです。非常にビビリです。

私も夫もかなりチキンでビビリなのですが、二人のビビリが足されたのではなく掛け合わされた感じです。

私は「ドッキリ番組」や「格闘技の試合」が苦手です。

前者は精神的に、後者は身体的に、痛くて怖くてハラハラヒヤヒヤして見れません。

こなつもまさにそんな感じです。

小さい子から自分よりかなり大きい子まで、スーパーなどでちょこまかと動き回ろうものなら、「一人で行っちゃだめだよおおお!!!」と騒ぎ、ちょっと高いところに登ろうものなら「ひやあああ!ちょっとおおお!!危ないよおお!!!」と叫んでいます。

この間、家族でドライブをしていて、冬の砂浜に立ち寄りました。

前からこなつの写真を撮ろうと、私一人タタッと前に駆けだすと、

「うわああああああああああああ!

かっかあああああ!あぶないよおおおおおお!

ざっぶーーーーんしちゃうよおおお!!」

と悲鳴をあげられました。

結局、波打ち際には一瞬近づいただけで、あとは遠くで砂をいじって帰りました。

そういう私も、よく動く甥っ子たちをみていると、無駄に「わっ!ひっ!危ない!怖い!」とひゃーひゃー騒いでしまいます。

でも、こなつを見ていると、私はここまでじゃあないよな…と思います。

ビビリの私が育てたからでもあるけれど、生まれ持ったものも間違いなくある。

こなつはいつだってちょこんと大人しく私のそばにいます。

ただでさえ慎重に育てがちな第一子。

気をつけねば…

意識して、黙って見守ろうと思います。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク