ひだまりの子

真冬の出来事。

寒さに弱いというわけでもないと思うのですが、動きが少ないので、温かい場所を好みます。晴れた日には、日が差し込む窓際を好みます。

照らされた陽の中にただ居るこなつ。可愛かった…。

床暖房のある施設に行ったときには、数あるおもちゃを無視して、うつぶせで固まっていました。何をしているのか聞くと、「あったかーい。」と答えます。

近所の子などは、どんな寒い日でも庭で元気に走り回っていました。

走りまわりすぎて、コートが暑いのか、汗まで書いている。

それを私の足元で見守る、もっこもこのこなつ。

こなつは風の子ではない、陽だまりの子だな、と確信した2歳の冬でした。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク