ばーばの懸念

(ぽっちゃりの)孫の写真をみせたり、(むちむちの)孫を抱っこしてもらったりするたび、母から必ずこの質問をされます。

何が言いたいんだ母よ。

私はどう答えたらいいのだ母よ。

そのほか、「何歳までぽっちゃりでいいん?」「境ってなんなん?」などという言い回しもよく聞きます。

私、保健師かなんかだったかな?というくらいなげかけられます。

純粋な疑問なのか不安なのか、おそらくその両方です。

まるで立場逆転で、「いや心配せんくてもこなつは全然大丈夫やろ。野菜もちゃんと取ってるし、ジャンクフード与えてるわけでもないし、背もそこそこ高いし。」となんでも心配する新米ママを諭すかのように答えています。

聞くところによると、甥っ子柚子太郎が、夏の暑さで食欲がなく、激しく動き回るので一段とシュッと引き締まっているそうで、こなつと柚子太郎の対極っぷりに、ハラハラするそうです。

食べずに動く柚子太郎と、動かずに食べるこなつ。

平均をいかない、それが個性なのですよ母よ。

先日にいたっては、子供の肥満を身長・体重から測定(カウプ指数といいます)できるサイトを母から紹介されました。

こなつの身長体重を聞かれ、入力、測定し、

「よかった、正常だ。正常のぽっちゃりか。」

「ほう、5歳まではぽっちゃりでもだいじょうぶなのか。」

などとぼそぼそと言っていました。

何が言いたいのだ母よ。

こなつは肥満児ではなく、正常のぽっちゃりです。

スポンサーリンク