げっぷ上手選手権アジア代表

こなつとひまり、全然違うもんだな~と思う一つが、げっぷです。些細なことだけど、全然違う。

こなつはげっぷが全然でない赤ちゃんで、出ないけれど苦しそうにうなって泣きやまないので、深夜、授乳後背中を延々とさすり、小さなケプッを待っていました。

ところがひまりは、生まれたその日から、授乳中に空気を飲みすぎると、勝手に乳首を離して、「ぐお”お”あ”あ”あ”~~”っ」(大音量)、そしてまた飲む。そしてげっぷをしてもうなるし、うなりながら眠る。

こなつが寝なかったのは、うなっていたのは、げっぷが出てないことが原因じゃなかったんだなあ。と、3年前の私に教えてあげたい。長女の寝ないのは、生まれ持った性質です。何やってもどうせ寝ないよ、と。

胃や食道の形か、空気を飲む量なのか。私の乳も飲ませ方も、変わってないはず。

げっぷ一つでこうなんだから、よその子に「うちの子はこうだったからこうしたらできる」などの、求められてないアドバイスは、無意味だなあ~と思いました。気を付けよう。

しかし外見と不釣り合いな立派なげっぷ。もう聞きすぎて、新生児のころほどの衝撃はないけれど、一回この音撮っておきたいなあ。

げっぷまで可愛いって、赤ちゃんってやっぱりすごいなあ。

 

次女ひまりのLINE絵文字発売中です↓↓

髪の毛逆立つ系赤ちゃんの絵文字


スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク