2か月のプレ幼稚園②

普段一切眠いと言わないこなつが、初めて眠いと言ったのが、2か月のプレ保育の登園前です。むしろいつも「ねむくない」「ねむれない」ばっかりで、お昼寝なしでも13~4時間起きていられる2歳児です。

「明日は幼稚園だよ。」と前の日に伝えておくと、朝目覚めた瞬間から「まだねむい」と主張します。出発の直前に「今から幼稚園にいくよ。」と伝えてみれば、急に眼をこすりながら「あーなんかねむくなったから2かい(寝室)いきたい」と言います。

眠い眠いとぐずりながらも、本当に眠ったりだだをこねたりはせずに、もりもりご飯を食べて着替えて靴を履いて自分で車のチャイルドシートに座ります。そして園の駐車場につけば「ねむたい」「ねてたい」と号泣しながら、自分で車を降りて歩いて園に向かい、こちらにバイバイも、振り返りすらせず先生の所へ行って手を差し出します。

普段絶対言わない言葉を登園前だけに言うって、2歳児なりに特別な主張をしているんだろうな、と思います。行きたくない、かっかといたい、めんどくさい、まじでめんどくさい、でも行かなきゃいけないし、行けばそれなりに楽しいし、先生も優しいし、あーでも家でかっかとゴロゴロしてたいし、が詰め込まれた「ねむい」だと思います。

通い初め数回こそ、「かっか~!」と泣くこなつを見送る時に胸が引き裂かれそうになったけど、「かっか~!」から「ねむい~!!」へ移行してからは、「いってらっしゃい楽しんどいで」と思えるようになりました。

2歳も6か月が過ぎて、お昼寝しない日も増えたけれど、幼稚園の日は必ずお昼寝しました。

疲れているし、何より、あんなに寝たかったんだもんね。変えるやいなや、寝室へ直行です。

ソファーとか、車で走りながら、とかではなく、ちゃんと布団で、絵本を4~5冊読んで、私にぴったりくっついて、ぐっすりたっぷり1時間以上。

その時にこなつが選ぶ絵本が、幼稚園や保育園が出てくるものばっかりで、今日も楽しかったんだなあ、とほっとするのでした。

たっぷり1時間寝たものだから、夜は目がギンギン。

朝の「ねむい」を今!!今くれ!!

「こなねむくないもーーーーん、ねえ、おはなし、しない?」

9月からまた、別の幼稚園のプレ保育へ通う予定なのですが、それまで「ねむい」は聞けなさそうです。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク