おひなさま2

持たされていました。おひなさま、菱餅。

おひなさまは見るもの、と、理解はしているけどどうしても気になる。

「触らないで」と触る直前に声をかけたときの、「あっぶねえー…触ってしまうところだった」の目が面白かったです。

1回やったら納得したようです。

 

お雛様にかんするエピソードをもう一つ。

こなつがミッキーとミニーの人形をもって、「きょうはこのこたちがおひめ(な)さま。」と遊びだしました。レゴで台をつくって、二人を並べておいています。ふーん、と眺めていると、こなつが

「ミッキーがおひめさまでえ、ミニーがお※●△いいさま(おだいりさま)ね。」と言いました。

「えっ、ミニーがおひなさまじゃないの?!」と聞くと、しばらく考えて、

「でも…、今日はミッキーがおひめさまでいい?」と答えました。

思わず先日テレビでみた、トランスジェンダーのカップルを思い出しながら、「好きにしていいよ。」と伝えました。

こなつはまだ、男女やかわいいかっこいいがいまいち理解できていなくて、分かっているのは「おひなさま=主役」ということだけなようです。こなつはミニーよりミッキーがお気に入りです。

昨年に比べて、おひなさまを十分に理解している部分と、そうでない部分と。

来年は、当たり前にミニーをおひなさまにするんだろうな。

そんなこなつが歌う、「うれしいひなまつり」の、可愛いこと。

「あかりをちゅけましょもんもりにい~」

この歌の意味を全て理解できるのはいつになるか。

おひなさまを前に、1年の成長を思ってしみじみするなんて。

桃の節句。

日本人です。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク