こなつ日記 泣きのパターン

こなつが嘘泣きを覚えました。

嘘泣きができるってすごいなあと思います。

生まれたばかりのころは「泣く」ことしか、何かを主張する術がなかったのに、笑えるようになって、表情がどんどん増えて、泣き方に違いがでてきて、指さしできるようになって、言葉が増えて…嘘泣きは、泣くことのずっと先にある行動です。

前なら泣いてしまっていたことも、泣かずに済むんだけど、かまってほしいから泣いてるよとアピールする。この複雑な思考回路!!

ある日「わんわんわんわんわーん」と不機嫌そうな顔で言い出した時、「え?ワンワン?はいどーぞ。え?なに?ワンワンあるやんここに。え?ワンワンがどうしたん?いないいないばあ見るん?え?どしたん?!ワンワンがなに?!え?なんなんほんと、ワンワンがどうしたん?!」と、ずっとワンワンのぬいぐるみを持って、いないいないばぁの録画をつけて、意思をくみ取ろうと格闘していました。

それを何回か繰り返して、「あ!これ嘘泣きだ!!」と気が付いた時、不覚にもめちゃめちゃ感動したのです。

「まじか!!じぶん嘘泣き出来るん?!あははは!すごいな!!かしこくなったな!!やるな!!でもばればれ!!あはははは!!」

とハイテンションで不機嫌な顔のこなつをなでまわしました。

子育てを済ませた人や保育士さんなどからすると、子供の嘘泣きがどうしたと思うかもしれませんが、第一子のこなつを手探り状態で育てている私には、突然始まった嘘泣きはかなりの衝撃がありました。

昨日までできなかったことが、今日急にできるようになる。坂道じゃなくて一段一段の高い階段な感じです。

赤ちゃんがどんどん遠ざかっています。

しかし、ばればれすぎます。

涙が一滴もでてないし、顔もつくりすぎ。

「わんわん」って。普段そんな泣き方聞いたことない!

鏡みてごらん。動画みてごらん。

ばかにしているわけじゃなくて、すごいと思っているし、可愛いです。

ふふっと笑ってしまいます。

嘘泣きも長引かせると3コマ目の泣きになるので、なるべく早めに対処しています。

ツイッターやインスタで、こなつの一コマやブログの更新情報がご覧いただけます。

小夏すいかのツイッター インスタ

フォロー大歓迎です^_^

スポンサーリンク