4コマ 記憶呼び出しの鍵

誰に何を食べさせてもらったのか、ものすんごく覚えています。

3か月たっても、おっきーばーばのお家で食べた美味しい煮卵や、ばーばが用意してくれていたアンパンマンの高野豆腐、ひいばあが牛乳を温めて出してくれたこと、おいちゃんがアンパンマンのジュースを、パックをつぶして最後の1滴まで飲ませてくれたこと、をいちいち思い出しています。

牛乳を出したら、「今日はひーばーがしてくれたみたいに温かいのがいい。」とリクエストするし、

アンパンマンのジュースは、飲むたびに、「ねえ、おいちゃんみたいに、しゃいご(最後)までチュウチュウさせてよう!」と懇願してきます。

その他、○○ちゃんのかっかが作ってくれたお芋のお菓子、○○君とイオンで食べたアンパンマンのラムネ、など、いつも記憶が食べ物と共にあります。

記憶の容量の大半を食に使っている気がする。

アンパンマンも、言ってみれば食だしね…。

今日も誰かを思い出しながら、食べています。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク