何食べたとは聞いていない

相変わらず寝かしつけに1時間以上かかっています。

たっぷり絵本を読んで、少し動かなくなったら、電気を消してくっつき、その日の出来事をお話しします。だいぶ会話になってきて、具体的な質問や、はいいいえで答えられる質問にはほとんど答えてくれます。

毎日、まず最初に「今日は何した?」と聞くのですが、必ずその日食べた一番美味しかった物の名詞が返ってきます。

どんなに遠出をしても、どんな目新しいおもちゃや服があっても、「ぶーぶー(車)」とか「まんまん(あんぱんまん)」とは返ってきません。

毎日毎日、家にいても動かないので、結構連れ出しているほうだと思うのですが、食べ物が勝ちます。

あのさ…質問の意味、誤解してない…?と聞きたくなります。

しかもだいたいは、ハムかとうもろこしかプリンかシチューかボーロか、そのへんです。

相変わらず私にくっついて眠っています。

入眠は私の服に手を入れる、もしくは腕や体を抱き枕にしています。

毎日長時間の寝かしつけは本当に疲れるのだけれど、このくっついてのお話タイムは、母性が補充される感じがして、こなつだけではなく私にとってもすごく大事な気がしています。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク